ニュース

真鴨をたべる会

 

2010年1月28日ホテルクレメント徳島

 

懇親会の様子

 

一般社団法人エスコフィエ協会 四国ブロック懇親会が行われました。同じ地区とは言え、日頃なかなか交流の機会が持てない、また総会に出席のスケジュールを合わせることの難しい会員の方々にも、地区毎の会員の交流を深め、地域の食材情報や活動情報を交換しあってもらおうと地区委員の方々の強い熱意で、第
1回四国ブロック懇親会の開催が実現しました。
賛助会員である業者の方々にもご出席いただき、食材事情の情報を交換しました。また新しく会員になられた方から「浅野会長、米津副会長にお会いでき、良い会に入ったと再認識しました」と言う声も聞かれ、会は成功裏に終わりました。

まず、担当地区委員・藤田理事からの報告です。

 

和気あいあいと親交を深めた四国ブロック懇親会

 

平成22年1月28日ホテルクレメント徳島において、浅野会長、米津副会長出席のもと、四国ブロック会員また協賛企業20社の総計60名の参加で開催されました。
徳島県地元新聞社の取材もあり、協会の近年の活動状況等を説明した後、会食が始まりました。協賛企業、会員相互の交流を促し和気あいあいと進みました。
会員の間ではぜひこのような機会を続けて設けて欲しいとの声も有り、有意義な会食となりました。このたびの会に対して賛助会員の安富商店、安富省二社長には多大なるご支援を頂きました。
また、開催会場のホテルクレメント総支配人近藤様、料理長永畑様のご協力に感謝の気持ちでいっぱいです。この交流を通じて常日頃あまり顔を合わすチャンスがなかなか無い会員にとって良き機会になったと思います。
一般社団法人日本エスコフィエ協会
理事 藤田 正義

お料理

 

米津副会長からもメッセージをいただきました

 

2010年1月28日第1回四国ブロック懇親会は、理事、地区委員を始め、4国4県の会員及び賛助会員の方々が集まり、日常の情報の交換、食材、調理に関しての話等、初めての地域主体の会合は、和気藹々と進行した。自分たちで考え、行動を起こそう。福祉、食育の問題など身近なことを取り上げ、専門学校に働きかけて実行に移す。
また、より多くの人たちに、親しみ易いフランス料理の講習会の開催など、皆さん自身の発想で、小さな輪を広げて行くことを提案した。
食を持って人々に、喜びを与えることが我々調理人の使命であり、ぜひ皆様のパワーで、美味しさの輪を広げて頂きたいとお願いをし、出席者の力強い反応を感じた。
提案については、浅野会長始め、日本エスコフィエ協会挙げてのサポートを約束した。

副会長 米津 春日

 

ライン